メニューへ
時田歯科クリニックの歯科治療
NEWS

時田歯科クリニック
〒123-0845 東京都足立区西新井本町4-1-2
TEL. FAX 03-3856-0188

COPYRIGHT 2011 TOKITA DENTAL CLINIC

 

時田歯科クリニックのコラム

日々の記録日々の記録

セラミック治療のメリット・デメリット

昨今、審美歯科への関心が高まる中、セラミック治療を希望される方が増えてきています。

今回はそんなセラミック治療のメリットとデメリットをかんたんにご紹介します。

天然歯のように美しい

歯科用のセラミックの最大の特長は、色や質感、光沢などの再現性が高く、限りなく天然歯に近い点です。

大半の人は、セラミックの詰め物や被せ物を装着した部分を見極めることができないほど、自然な仕上がりが期待できます。

経年的に劣化しにくい

金属冠やレジン(樹脂)は、経年的な劣化が避けられない材料です。

保険の金属冠は良質な適合を得ることが困難であり、一般診療と比較した場合、2次カリエスが生じやすい欠点を有しています。

レジンは、経年的に変色、摩耗などが起こります。

一方、材料的に安定なセラミックなどの修復物は、そうした経年的な変化極めて少なくいつまでも白くて美しい状態を保てるのです。

むし歯が再発しにくい

セラミックを始めとした一般診療による修復は、審美性と耐久性を獲得する為に歯質との適合を50ミクロンから70ミクロンに収めていきます。

歯質と修復物のすき間がこの数値に収まることでむし歯の再発リスクが大幅に低下します。

セラミックのデメリットは?

ここまで、セラミックのメリットについて説明してきましたが、もちろん、デメリットも存在します。

それは強い衝撃に対して割れやすいという特徴です。

また、セラミック治療は原則として保険が適用されないので、金属冠銀歯やレジンよりは治療費が高くなるというデメリットがあります。

まとめ

このように、セラミック治療にもメリットとデメリットの両方があります。

それらを勘案した上で、治療方法を選択することが大切です。

同時に、費用に見合った治療結果を提供できるかどうかを見極めることが重要です。

1本の歯をセラミック冠にて修復する場合、歯の削合・型の採取・仮歯の修正などの一連の操作に凡そ2~3時間はかかるものです。

一つの目安となさって下さい。

 

ページのトップへ