メニューへ
時田歯科クリニックの歯科治療

マイナ保険証対応

NEWS

■R04.10.01 TODAY 10月からマイナ保険証に対応いたしました

■R04.08.16 TODAY 治療頻度の高い神経の処置と根の治療について #3

時田歯科クリニック
〒123-0845 東京都足立区西新井本町4-1-2
TEL. FAX 03-3856-0188

COPYRIGHT 2011 TOKITA DENTAL CLINIC

ドクターズファイル
 

【時田歯科クリニック】の症例

インプラントインプラント

インプラント(implant)とは、体内に埋め込まれる器具の総称です。
医療目的で広く行われ、歯科領域では失われた歯根に代えて顎骨に埋め込む人工歯根(デンタルインプラント)、外科領域では骨折・リウマチ等の治療で骨を固定するためのボルトなどがあります。
デンタルシンプラントは、欠損歯の問題を解決する目的で顎骨に埋め込む人工的な物質、人工臓器の一つです。インプラント体に人工歯冠を固定し成立します。
人口歯根、口腔インプラント、歯科インプラントなどと呼ばれ、単に「インプラント」と呼ばれる場合もあります。
インプラントの魅力は、天然歯と同様の噛み心地と見た目を再現でき、定期的な管理下のもと、ほぼ天然歯と同様の長期の安定性を獲得できる点が挙げられます。

ほかの治療法との比較

■特 徴

インプラント

ブリッジ

入れ歯

■噛む力

天然歯とほぼ変わらない

天然歯の60%程度

天然歯の30〜40%

■装着感

違和感やズレに悩まされることなく、自分の歯のような噛み心地

入れ歯よりも違和感が少なく、外れることはない

異物感があり、食物が詰まりやすい

■見た目

天然歯と同様な自然な見た目

奥歯の場合、保険診療では金属色になる

部分入れ歯の場合、固定用バネが目立つ

■他の歯への負担

人工歯根は自立しているため、周囲組織への負担はない

土台にする両隣の歯を大幅に削る必要がある。欠損歯の負担がかかるため歯の寿命を縮めることがある

部分入れ歯の場合、両隣の歯にかける金属のバネによる負担が生じる

■費用

自費診療のみで高額になる

素材や治療方法によって保険診療・自費診療がある

素材や治療方法によって保険診療・自費診療がある

安全な外科手術のために

補綴主導型(トップダウントリートメント)は模型上でモックアップを作り機能的、審美的に最も適した最終補綴物(上部構造)の位置を決め、それに基づきインプラント体の埋入位置を決定。その際必要な歯槽骨、歯肉を望ましい条件に整えるという治療計画の立て方です。

サージカルガイドの使用

骨にドリリングする必要があるインプラント外科手術に際し、ドリリングの3次元的な位置を規制し(前後・左右・深度)、安全性の向上と埋入計画性との誤差を減少させます。

  • 1術前の準備段階で口腔内の模型を作成し、術前CTデータと合成します。この段階でPC上にて歯と顎骨が再現できるようになります。
  • 2作成された患者固有のデータ上で埋入位置(ドリリング位置)を計画します。
  • 3