メニューへ
時田歯科クリニックの歯科治療
NEWS

06.01.06 TODAY 審美修復-セラミックを用いたケース

年末年始休診のお知らせ
R05.12.30〜R06.01.04 休診させて頂きます

時田歯科クリニック
〒123-0845 東京都足立区西新井本町4-1-2
TEL. FAX 03-3856-0188

COPYRIGHT 2011 TOKITA DENTAL CLINIC

ドクターズファイル
 

時田歯科クリニックの日々の記録の写真

日々の記録日々の記録

審美修復-セラミックを用いたケース

2024.1.6[Sat]


■今回は、セラミックを用いた審美修復のケースをご報告です。

冠で被覆する必要のないカリエス(虫歯)の修復処置は、
1.CR(接着性樹脂)による修復
2.セラミックインレーによる修復
に大別されます。カリエスの発生部位と範囲(大きさ)から適切な選択をします。

それぞれ特徴が異なり、
CRは基本的に即日の修復で、費用が安く済みます。
セラミックインレーは、型取り→技工士による製作→装着となり、最短で2日を要します。費用はCRに比べて高額になります。

近年は双方の中間的な材料が開発されたり、ジルコニアのように更に高強度の材料もあります。それぞれ特徴があり、適応を見極め使い分ける必要があります。
また、患者さんの通院事情(来院日数)や費用負担も重要な要素となります。

1 : 左上4番、20年以上以前に保険のインレーにて処置させて頂いたケースです。僅かな2次カリエスの発生が認められるものの、状態は悪くありません。
2 : 旧インレーを除去→形成型取り・色調採取撮影→装着 微妙な色調の再現は限界があります。
3 : 右下6番、同じく20年以上前の健康保険診療によるインレー修復歯です。前後の歯との隣接部からの2次カリエスをセラミックインレーにて処置させていただいたケースです。
4 : 同上

良好な予後を獲得するために必要な要素は
1.適合度--10ミクロン単位(2次カリエスの発生リスクを低下)
2.残存歯質に適度な厚みが獲得でき、歯質の破折の危険が少ないこと
3.歯質の自然摩耗に近似した摩耗特性を持つ修復材料の選択
4.審美性
5.歯髄炎(神経の炎症)の発生リスクが無いこと

これらの条件を満たすことで、ほぼ一生涯に渡る耐久性を獲得していきます。

審美修復-CRを用いたケース

2023.12.17[Sun]


■本日は、審美性を考慮した歯牙の修復(C1-C3)のケースをご報告。
歯の感染(いわゆるムシ歯)で神経(歯髄)が健全な状態のケースの場合、以前は金属による修復(インレー・アンレー)が中心したが、近年は、樹脂による修復にとって代わりつつあります。材料の進化によるところが大きく、接着力の向上や審美性・対摩耗性が向上したためです。

基本的に当日修復(ONE DAY)となり通院回数を減らせる上、金属を使用しないため費用も安く済む等、患者さんにとってメリツトのある治療方法です。

適応を判断の上、口腔内の湿度管理や確実な接着操作が予後を左右する処置です。

1 : 術前の上顎の様子です。左上567番 右上765番 下顎左右76番に充填する計画です。
2 : 右下6番はインレー(金属)による修復がなされていますが、2次カリエスが生じています。
3 : CR(樹脂)修復完了の状態です。審美性の回復は大きな魅力です。
4 : 左上567番 右上765番 の修復後の状態です。
5 : 下顎左右76番 の修復後の様子です。

使用する樹脂は、色合い・いろの濃さ・発色・透明度など違いから20〜30種類程あり、適切な選択が求められます。

処置後、微量の吸水性のために色調の変化をきたす場合があり、その場合でも比較的容易に修正することが可能です。
(本ケースは矯正抜歯を行っています)

左上4番にインプラントを埋入せよ #4

2023.10.2[Mon]


■前回からの続きです。上部構造(冠)を製作し固定が完了したインプラントに装着します。

1 : 外科処置の様子です。
2 : インプラント埋入から3〜6ヶ月の固定期間を経て、固定状況等を検査します。基準値を達成しておりましたので、上部に装着する冠の製作に進みます。画像は色調を決定しているところです。
3 : 左上4番インプラントに上部構造を接続しました。左上3番および左上5番は既に冠が装着されています。
4 : 同咬合面観です。

こちらの患者さんは、左上4番以外にもインプラントを予定しています。また、右上2番の他院埋入済インプラントの骨吸収の処置も予定しています。
過去の受診履歴とその経過から、今回の左上4番の外科処置は確実な方法を選択し、良好な予後を提供することを第一に計画しました。

> 月別バックナンバー

ページのトップへ