メニューへ
時田歯科クリニックの歯科治療
NEWS

時田歯科クリニック
〒123-0845 東京都足立区西新井本町4-1-2
TEL. FAX 03-3856-0188

COPYRIGHT 2011 TOKITA DENTAL CLINIC

 

時田歯科クリニックのコラム

日々の記録日々の記録

歯周病の症状について

歯周病はサイレントディジーズ(沈黙の病気)とも呼ばれるように、自覚症状に乏しいです。

気付いたら重症化していることが多いのはそのためです。

けれども実際は、進行度に応じて特徴的な症状が現れます。

今回はそんな歯周病の症状をわかりやすく解説します。

軽度の歯周病の症状

軽度の歯周病である「歯肉炎(しにくえん)」では、歯茎の腫れやブラッシング後の出血などが認められます。

文字通り歯肉(歯茎)だけに炎症が生じている段階なので、それほど強い症状は現れません。

ただ、ご自身の歯茎を毎日チェックしていただくことで、その変化に気付くことができるかと思います。

ブラッシング後の出血は、歯ブラシに血液が付着するため、比較的自覚しやすいといえます。

主に30歳くらいまでの世代に生じます。

中等度から重度の歯周病

歯周病が中等度から重度にまで進行すると、「歯周炎(ししゅうえん)」へと移行します。

歯肉だけでなく、歯根膜や歯槽骨といった歯周組織全体に炎症が広がった状態です。

歯周炎では、歯茎が下がり、歯根面が露出します。

その結果、歯が伸びたような変化が見て取れます。

また、噛んだ時に違和感や痛みが生じることもあります。

その他、口臭が強くなる歯茎に膿のかたまりが生じるなど、さまざまな症状を呈するようになります。

顎の骨が破壊され、歯がグラグラ揺れ動くようになったら、いよいよ歯周病の末期だとお考え下さい。

場合によっては抜歯以外の選択肢がなくなります。

早期発見・早期治療が重要

上述したように、歯周病にはたくさんの特徴的な症状が認められます。

歯周病において、早期発見・早期治療は何よりも重要といえます。

重症化した歯周病であっても、歯周組織再生療法などを実施することで、かけがえのない天然歯を残せる場合もあります。

まとめ

このように、歯周病は自覚しにくい病気ではあるものの、専門家であればすぐに見分けられる症状がたくさん認められます。

そんな歯周病を予防、あるいは早期発見するのであれば、定期的に検診を受けていただくのが一番です。

 

ページのトップへ