メニューへ
時田歯科クリニックの歯科治療
NEWS

■R04.10.01 TODAY 10月からマイナ保険証に対応いたしました

■R04.08.16 TODAY 治療頻度の高い神経の処置と根の治療について #3

時田歯科クリニック
〒123-0845 東京都足立区西新井本町4-1-2
TEL. FAX 03-3856-0188

COPYRIGHT 2011 TOKITA DENTAL CLINIC

 

時田歯科クリニックのコラム

日々の記録日々の記録

インプラントで快適な生活を! メリットとデメリットとは

こんにちは。
足立区西新井の【時田歯科クリニック】です。

歯を失った時の治療の選択肢は、インプラント・義歯(入れ歯)・ブリッジです。
どの治療がよいか迷うこともあるのではないでしょうか?
今回は、インプラントに焦点を当ててメリットとデメリットについてお話しいたします。

インプラントのメリット

インプラントには、入れ歯やブリッジなどの義歯にはないメリットがあります。
インプラントのメリットは、噛み心地や見た目、周囲の歯にかける負担が少ないことなどです。

噛み心地や見た目は「快適な生活」を送るために、見過ごすことができないポイントになります。
インプラントのメリットを順番にご紹介しますので、どの義歯を選ぶかお悩みの方は、義歯選びの参考にしてください。

●しっかり噛める

インプラントには、入れ歯やブリッジなどの義歯にはないメリットがあります。
インプラントのメリットは、噛み心地や見た目、周囲の歯にかける負担が少ないことなどです。

噛み心地や見た目は「快適な生活」を送るために、見過ごすことができないポイントになります。
インプラントのメリットを順番にご紹介しますので、どの義歯を選ぶかお悩みの方は、義歯選びの参考にしてください。

●天然歯と同様の自然な見た目

義歯(入れ歯)とブリッジは、保険を適用した治療が可能ですが、使用する歯科材料などに制限があります。

インプラントは自由診療(自費治療)のため、「セラミック」や「ジルコニア」などの見た目が自然で変色もほとんどない材料を選択できます。

周りの歯になじんで審美性に優れ、見た目を気にすることなく笑顔に自信が持てるメリットがあります。

●周囲の歯に負担をかけない

ブリッジは、歯を失った部分の両隣の歯を削る必要があります。

「部分入れ歯」の場合は固定するためのバネをかける必要があるため、他の健康な歯に負担がかかってしまいます。

インプラントは歯を失った部分にインプラント体を埋入して土台とするので、他の歯に負担をかけることなく、単独で治療することができます。

インプラントのデメリット

インプラントにはメリットだけではなく、デメリットもあります。
インプラントのデメリットは、主に費用と治療期間です。

義歯選びではデメリットも知った上で、ご自分に合う義歯を選ぶことが大切なので、インプラントのデメリットも知っておきましょう。

●基本的に自由診療のため費用が高い

インプラントのデメリットは基本的に保険適用にならない自由診療のため、費用が高くなることです。

ただし、医療用ローンやクレジットカードで支払いを分割することもできます。

また、確定申告をすると医療費控除の対象にもなりますので、税金の控除を受けることも可能です。
料金に関して気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

価格表 | 時田歯科クリニック

●治療期間がかかる

インプラント体を顎の骨に埋め込んでから定着するまでに時間がかかるため、治療期間がほかの治療に比べて長くなります。

インプラントの治療期間は、顎の骨の状態などによって個人差がありますが、一般的には治療が完了するまでに4~6ヶ月程度の期間が必要です。

インプラントは外科手術が必要なため、治療にかかる費用・期間・リスクなどについてデメリットも存在します。治療を始める前に、きちんと把握しておきましょう。

しかしながら、使い心地や見た目に関しては、とても優れている義歯だといえます。

インプラントのご相談は時田歯科クリニックまで

時田歯科クリニックでは、できる限り負担を抑えるような工夫をしながら治療を行います。
インプラントにご興味のある方は当院にご相談ください。

顎の骨が少ない再生医療にも対応しております。

 

ページのトップへ